消費者金融系とネットバンク系のキャッシング業者のメリットの違い

個人向けに比較的小口の融資を行っている業者はキャッシング業者とひと括りにされて呼ばれていますが、サービスを運営している経営母体によって消費者金融系・信販系・ネットバンク系という三つの系統に分類することができます。
消費者金融系の場合、キャッシングというサービスを長年運営していたこともあり、店舗数の多さや審査のスムーズさなどに定評があり、また、審査の基準が他のものと比較して緩めになっているというメリットがあります。ただし、借入れまでの敷居が低い分、金利は高めに設定されているのが特徴です。
信販系の場合、日常の買い物などに使用できるクレジットカードにキャッシングができる機能が付いているため幅広いシーンでの利用が可能となっており、ポイントサービスなども充実したものになっている点が特徴です。
ネットバンク系の場合、まだ歴史は浅いですが運営母体が銀行であるため、低金利での借り入れが利用できる点が他のキャッシングにはないメリットの違いとなっています。


じぶん銀行カードローンの審査(⇒じぶん銀行カードローン審査JC196)のサイトでさらに詳しくみる。