2014年7月

安倍晋三首相が生出演 日米韓・安保・景気10

安倍晋三首相が生出演 日米韓・安保・景気10

(公開: 2014年7月29日 (火))

安倍:あの今年ですね、今年度の予算は3月、大変速いスピードで成立することができました。これは大変景気にはプラスだと思いますね。なぜできたかというとですね、自民党と公明党、強い絆で結ばれた連立政権があったればこそなんですね。それを我々はですね忘れることはできませんしその中においてですね様々な政策を実施、作っていく、そして実行していく、それしか道は無いと、私はこう考えています。
男性:限定容認論っていう言葉がパッと出てきた時にですね、その限定容認っていうのはその、地理的な限定なのかないしは最終限度のという理念的な限定なのかというところは、僕らは、少なくとも僕はよく分かんなかったんですけれども、先日石破さんが他局の番組に出られた時にですね、地球の裏側でも排除しないという、つまり限定容認っていうのは地理的な限定では全く無いよということをお話になったんですけれども、この限定容認っていう言葉、まだこれもきちっとした定義ができないもので言葉が先に走ってるような感じもあるんですけれども、その地理的な限定という意味も含んでいるという風に見たほうがよろしいんですか?それともある程度最小限度、だから限定なんだ、こういう理解の方が正しいんですか?医学部の受験


消費者金融系とネットバンク系のキャッシング業者のメリットの違い

消費者金融系とネットバンク系のキャッシング業者のメリットの違い

(公開: 2014年7月14日 (月))

個人向けに比較的小口の融資を行っている業者はキャッシング業者とひと括りにされて呼ばれていますが、サービスを運営している経営母体によって消費者金融系・信販系・ネットバンク系という三つの系統に分類することができます。
消費者金融系の場合、キャッシングというサービスを長年運営していたこともあり、店舗数の多さや審査のスムーズさなどに定評があり、また、審査の基準が他のものと比較して緩めになっているというメリットがあります。ただし、借入れまでの敷居が低い分、金利は高めに設定されているのが特徴です。
信販系の場合、日常の買い物などに使用できるクレジットカードにキャッシングができる機能が付いているため幅広いシーンでの利用が可能となっており、ポイントサービスなども充実したものになっている点が特徴です。
ネットバンク系の場合、まだ歴史は浅いですが運営母体が銀行であるため、低金利での借り入れが利用できる点が他のキャッシングにはないメリットの違いとなっています。


じぶん銀行カードローンの審査(⇒じぶん銀行カードローン審査JC196)のサイトでさらに詳しくみる。